36包×5個セット,/melanoplakia1851956.html,【正規品】,ノイ・ホスロール,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 精神安定 , 第二類医薬品,9892円,【第2類医薬品】【5個セット】,5個セット!,mygrammarcheck.com 9892円 5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 ノイ・ホスロール 36包×5個セット 【正規品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 精神安定 第二類医薬品 9892円 5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 ノイ・ホスロール 36包×5個セット 【正規品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 精神安定 第二類医薬品 5個セット 第2類医薬品 ノイ ホスロール 正規品 36包×5個セット 期間限定の激安セール 5個セット 第2類医薬品 ノイ ホスロール 正規品 36包×5個セット 期間限定の激安セール 36包×5個セット,/melanoplakia1851956.html,【正規品】,ノイ・ホスロール,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 精神安定 , 第二類医薬品,9892円,【第2類医薬品】【5個セット】,5個セット!,mygrammarcheck.com

5個セット 爆売り 第2類医薬品 ノイ ホスロール 正規品 36包×5個セット 期間限定の激安セール

5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 ノイ・ホスロール 36包×5個セット 【正規品】

9892円

5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 ノイ・ホスロール 36包×5個セット 【正規品】



ノイ・ホスロール

商品説明

『ノイ・ホスロール』

 複雑な現代社会の中では,心身共にストレスを受ける機会が多く,神経がたかぶってイライラしたり,動悸を感じたりすることが少なくありません。ストレスがたまってくると,このような症状ばかりでなく,自律神経の働きやホルモンのバランスが乱れ,精神的にも肉体的にもさまざまな支障をきたすようになります。
 また,試験や会議の前に,あるいは人前で話をするときなどに,不安で落ち着かなかったり,心配でドキドキすることもよくあることです。
 〈ノイ・ホスロール〉は,ブクリョウ(茯苓),ケイヒ(桂皮),タイソウ(大棗),カンゾウ(甘草)の4種の生薬からつくられた製剤で,このようなストレスなどによって神経がたかぶりやすい方の精神不安や動悸などにすぐれた効きめをあらわします。
 〈ノイ・ホスロール〉は,植物生薬の抽出エキスを成分とした服用しやすい顆粒剤で,分包剤ですので携帯にも便利です。


※ メーカー様の商品リニューアルに伴い、商品パッケージや内容等が予告なく変更する場合がございます。また、メーカー様で急きょ廃盤になり、御用意ができない場合も御座います。予めご了承をお願いいたします。

【ノイ・ホスロール 詳細】

3包(6g)中
生薬抽出乾燥エキス2100mg
添加物として 乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒドロキシプロピルスターチを含有。
原材料など
商品名ノイ・ホスロール
内容量36包
販売者救心製薬(株)
保管及び取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用すること
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと
用法・用量
食前または食間に水またはお湯で服用すること

[年齢:1回量:服用回数]
大人(15才以上):1包:1日3回
7~14才:2/3包:1日3回
4~6才:1/2包:1日3回
2~3才:1/3包:1日3回
2才未満:1/4包:1日3回

食間とは…食後2~3時間を指します。
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること
(2)1才未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,やむを得ない場合にのみ服用させること
効果・効能
体力中等度以下で,のぼせや動悸があり神経がたかぶるものの次の諸症:動悸,精神不安
ご使用上の注意

〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる〕次の人は服用しないこと
 生後3ヵ月未満の乳児1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人
 (3)高齢者
 (4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
 (5)次の症状のある人
  むくみ
 (6)次の診断を受けた人
  高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ

 まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。

3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
◆ 医薬品について

◆医薬品は必ず使用上の注意をよく読んだ上で、 それに従い適切に使用して下さい。

◆購入できる数量について、お薬の種類によりまして販売個数制限を設ける場合があります。

◆お薬に関するご相談がございましたら、下記へお問い合わせくださいませ。

株式会社プログレシブクルー 072-265-0007
※平日9:30-17:00 (土・日曜日および年末年始などの祝日を除く)

メールでのご相談は コチラ まで

広告文責株式会社プログレシブクルー
072-265-0007
商品に関するお問い合わせ会社名:救心製薬株式会社
問い合わせ先:お客様相談室
電話:03-5385-3211(代表)
受付時間:9:00~17:00(土,日,祝日,弊社休業日を除く)
区分日本製・第2類医薬品

■医薬品の使用期限

医薬品に関しては特別な表記の無い限り、1年以上の使用期限のものを販売しております。

それ以外のものに関しては使用期限を記載します。


医薬品に関する記載事項

5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 ノイ・ホスロール 36包×5個セット 【正規品】

2021年9月14日(火)午前10時~午後7時

★北海道・東京・山梨・愛知・三重・大阪・福岡の全国7か所で無料電話相談

主催 : 全国労働安全衛生センター連絡会議メンタルヘルス・パワーハラスメント対策局
協力 : コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク

新型コロナウイルスの感染拡大により、職場での差別やいじめも拡がっている。専門スタッフが、職場改善、パワハラ被害者の救済、労災の相談に対応。

北海道:011-756-7790(担当:札幌地域労組)
東京:03-3683-9765(担当:東京労働安全衛生センター) 
山梨:055-287-8113(担当:山梨ユニオン)
愛知:052-837-7420(担当:名古屋労災職業病研究会)
三重:059-225-4088(担当:ユニオンみえ)
大阪:06-6476-8220(担当:関西労働者安全センター)
福岡:092-273-2114/092-273-2161(担当:連合福岡ユニオン)
*なお各担当団体では、パワハラやメンタルヘルスに関する相談を日常的に受け付けています。
【統括】045-573-4289(神奈川労災職業病センター事務局長・川本浩之)
日時 : 2021年10月23日(土)13時~16時
①記念講演 呉学殊氏(労働政策研究・研修機構)
「フリ―ランスらが労働者としての権利を確立するためには
-諸外国ならびに日本の現状と課題」(仮題)
②特別報告 土屋俊明氏(ウーバーイーツユニオン執行委員長)
③全国安全センター第32回総会議事

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大予防のため、ZOOMを使ったオンライン開催とさせていただきます。
議案は安全センター情報2021年9月号に掲載されます。
会員の皆さまには、別途ご参加確認の返信用葉書をお届けいたしますので、参加いただける場合には、事前にご連絡いただくようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の労災認定(解説動画)

最近の投稿

私たちの紹介

全国労働安全衛生センター連絡会議(略称:全国安全センター)は、労働災害、職業病の被害者とその家族、労働者・市民が主体となって、より安全で健康的な職場・社会を実現するため1990年5月12日に設立されました。様々な労災職業病の被害者とその家族の相談に応じ、治療・労災認定・損害賠償・職場復帰等を支援しています。

長い活動の歴史をもつ、関西労働者安全センター(1973年設立)、高知県労働安全衛生センター(1975年設立)、神奈川労災職業病センター(1978年設立)、大分県勤労者安全衛生センター(1981年)が呼びかけた地域安全センター全国交流会を母体とし、全国安全センター設立後にできた、東京労働安全衛生センター(1998年設立、母体となった研究会は1979年設立)、ひょうご労働安全衛生センター(2000年設立)、名古屋労災職業病研究会(2001年設立)等々、全国各地の地域安全(労災職業病)センターによる全国ネットワークです。

全国安全センターと各地域センターは以下のような活動を行っています。

① 様々な労働災害職業病の被害者とその家族の相談に応じ、治療・労災認定・損害賠償・職場復帰等を支援しています。また中皮腫サポートキャラバン隊中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会全国脊髄損傷者連合会等の被害者団体の活動に協力し、とりわけアスベスト被害では環境被害や曝露源のわからない事例の支援にも豊富な経験を持っています。

② 職場・地域・全国各レベルで労働者・労働組合が必要とする情報や助言を提供するとともに、職場調査・改善、学習・トレーニング等を支援します。講師・トレーナー等を派遣するとともに、医学・法律等の専門家とも連携・協力しています。

③ 課題に応じて、内部に専門チーム-メンハラ局、被ばく労働対策局、情報公開推進局、公務災害対策委員会等を設置するとともに、関係する団体等とのネットワーク(石綿対策全国連絡会議いじめ・メンタルヘルス労働者支援センターIMC被ばく労働を考えるネットワーク福島原発被ばく労災 損害賠償裁判あらかぶさんを支える会など)を通じた取り組みも積極的に展開しています。

④ 独自に、またネットワーク等を通じて、労働行政等への政策提言や様々な問題についての働きかけを行っています。

⑤ 労災・公害被害者の権利のためのアジア・ネットワーク(ANROEV)やアジア・アスベスト禁止ネットワーク(A-BAN)への積極的参加を含めて、アジア・世界の草の根団体との交流・連携をすすめています。

⑥ 運動・行政・研究など各分野の最新情報の提供、動向の解説、問題提起や全国各地・世界の状況など、他では得られない情報を満載し月刊誌「安全センター情報」を発行しています。

事務局長 古谷杉郎

1990年5月12日 結成総会(東京・渋谷)田尻宗昭氏議長就任。
1991年6月2日 第2回総会(神奈川・横須賀)原田正純氏議長就任。
1992年6月21日 第3回総会(広島)
1993年7月4日 第4回総会(新潟)
1994年7月17日 第5回総会(北海道・札幌)
1995年7月21日 第6回総会(東京・新宿)
1996年9月28日 第7回総会(高知)
1997年10月9日 第8回総会(熊本・水俣)井上浩氏議長就任。
1998年7月25-26日 第9回総会(鳥取・三朝)
1999年6月21日 第10回総会(広島・広島)
2000年7月22-23日 第11回総会(大阪・岬)
2001年9月8-9日 第12回総会(神奈川・逗子)天明佳臣氏議長就任。
2002年9月7-8日 第13回総会(三重・鳥羽)
2003年9月6-7日 第14回総会(茨城・土浦)
2004年7月24-25日 第15回総会(福岡)
2005年10月1-2日 第16回総会(沖縄)
2006年9月23-24日 第17回総会(香川・高松)
2007年10月27-28日 第18回総会(群馬・渋川)
2008年9月21-23日 第19回総会(名古屋)
2009年9月25-26日 第20回総会(兵庫・尼崎)
2010年10月30-31日 第21回総会(愛媛・松山)
2011年11月26-27日 第22回総会(北海道・札幌)
2012年10月27-28日 第23回総会(岡山)平野敏夫氏議長就任。
2013年10月5-6日 第24回総会(鹿児島)
2014年10月25-26日 第25回総会(鳥取・三朝)
2015年10月10-11日 第26回総会(福島・いわき)
2016年11月19-20日 第27回総会(大阪・岬)
2017年10月28-29日 第28回総会(長野・大町)
2018年9月29-30日 第29回総会(栃木・宇都宮)
2019年9月28-29日 第30回総会(大阪)

PAGE TOP
MENU